記事一覧

「シュプリーム」噂のミラノ新店から「エトロ」のリアルショーまで 2022年春夏メンズコレ現地突撃リポートVol.2

2022年春夏シーズンのコレクションサーキットが本格開幕した。ほぼデジタル発表だった前シーズンから世界の状況は少しずつ好転し始めており、リアルでのショーやプレゼンテーションを開催するブランドも増えた。シュプリーム(Supreme)パンデミックを経て街はどう変化し、ファッション・ウイークはどう進化しているのか。現地からリポートする。

图片描述

ボンジョ〜ルノ〜!ミラノメンズ取材2日目は曇り、最高気温32度。私の体温は36.5度の平熱で今日も元気ハツラツです。午前中は予定がないため、お気に入りのカフェの朝食で1日をスタートさせました。向かったのは、今年2月にオープンした「ロステ カフェ(Loste Cafe)」。フォカッチャやシナモンロール、クロワッサンなど数種類のパンを提供するカフェで、デンマークにある伝説級レストラン「ノーマ(Noma)」でヘッド・ペイストリーシェフを務めたデンマーク人の方がパンを作っています。ここのカルダモンのデニッシュがサイッッコウなんです!パリッとした薄い生地が何層も重なった外側と、フワフワの内側の食感のコントラストが楽しめ、噛めば噛むほどに広がる新鮮なカルダモンの香り――ああ!朝からしっかりエナジーチャージできたので、今日の“現突リポ(現地突撃リポート)”も頑張っちゃいます。

图片描述

私にとっていよいよ今季最初のショーとなる「エトロ(ETRO)」です。エトロバッグ コピー会場は、街の外れにある普段は立ち入り禁止の廃線跡。同ブランドのショー会場ではいつも素敵なおみやげが用意されているので楽しみにしていたら、今回は妖艶な草花柄のクッションでした。そして配られたお水のパッケージと、今日のドレスの色が見事にマッチ!以心伝心したみたいでテンションも上がります。

 ゲストの数は約160人で、ほぼイタリア人だと現地のプレス担当者が言っていました。日本人で見かけたのは、イタリア在住の通信員の方々やジャーナリストのマスイユウさん(写真撮り損ねたので明日は必ず!)。「エトロ」に身を包むインフルエンサーやダンサー、シャツドレスをシックに着こなす百貨店「リナシェンテ(Rinascente)」のバイヤーさん、売れっ子モデルの アルトン・メイソン(Alton Mason)らの写真を撮っていると、ほぼ定刻通りにショーが始まりました。

 ストリートウエアにシフトした前シーズンからは変化し、ブランドを象徴するノマド(遊牧民)の精神へと回帰したようなヒッピームード満点!犬井ヒロシの「自由だーーー」というネタ(古っ)と同じくらい、声高らかに自由を叫びながら開放感を満喫しているようなスタイルでした。今季のテーマは “Travelling in a Joyful State of Grace(喜びに満ちた恵みの旅)”。シグネチャーである草加柄やペイズリーはもちろんのこと、日の出のようなオレンジのグラデーション、生き生きとした木々のグリーン、澄み渡る空のブルーは自然の恵みへの感謝を衣服で表現しているように見えました。そこに、メタリックのコーティングを施したビビッドカラーのボトムスが加わることで、ブランドの真骨頂である生命力がされにみなぎっていきます。後半は一転して落ち着いたトーンに切り替わり、無地のコートは無骨なコンクリートのようで、刺しゅうが施されたボンバージャケットやテーラードジャケットなどでアーバンなボヘミアン。人工的な線路と、そこにたくましく生い茂る草花をランウエイに、自然と都会を自由に遊牧するショーでした。最後はメンズのクリエイティブ・ディレクター、キーン・エトロ(Kean Etro)が阿波踊りのような動きで超ハイテンションに登場!